2018年05月24日

古民家 Yuumi House ゆうみはうす(沖縄県島尻郡座間味村阿佐37)




 いよいよ泊港から座間味島に向けて出発です。
5,6 (3).JPG

5,6 (2).JPG


高速船クイーンざまみ350分の船旅です。
5,6 (7).JPG

高速船クイーンざまみ3
・168トン 
・定員200人


5,6 (8).JPG

ゴールデンウイークは過ぎたのに結構な混み具合です。

外人さんがやけに眼につきます。

5,6 (5).JPG

5,6 (10).JPG

那覇の街が小さくなります。

それにしても良い天気です。

沖縄はとうに梅雨入りしているのですが、晴れ女か晴れ男がいるのでしょうか。







座間味港に到着。
5,6 (12).JPG

5,6 (13).JPG

数日間世話になる古民家 Yuumi House(ゆうみはうす)の管理人のHさんが車で迎えにきてくれました。

女性の管理人さんということは聞いていました。

こちらの勝手なイメージで「おばちゃん」を想像していましたが、とんでもハップンです。

細身で優しそうな美人です。

鼻の下が伸び伸びで~~~す。








港から車で古民家に向かいます。

古民家の近くの安護の浦が見えました。
254.JPG

256.JPG

空と海の青さが目に沁みます。

5,6分で到着。

数日お世話になる古民家が見えてきましたョ。

5,8  (17).JPG

5,8  (16).JPG

5,8  (13).JPG

5,6 (19).JPG

5,6 (18).JPG

確かに古民家然としています。

この雰囲気、好きです、ハイ。

5,8  (15).JPG

この木はグァバです。

毎年たくさんの実をつけ、すごく甘いそうです。

5,8  (18).JPG

このシーサー、可愛くないですか???






古民家の中に入ると、こんな感じです。
5,8(55).JPG

5,8(54).JPG


部屋はフローリングの部屋とあります。
5,6 (14).JPG


360度写真です。
写真の中にカーソルを入れて上下左右に動かしてみて下さい。

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA



5,6 (15).JPG

廊下にはハンモック



5,8(50).JPG

5,8(51).JPG 5,8(52).JPG

太い、戸板のドアは黒光りしています。




サンルーム
5,6 (16).JPG

ここは食堂でした。

を見ると・・・・・。
5,7 (5).JPG

こんなシーンに出会うと、都会の喧騒が嘘の様です。




炊事場
5,8(53).JPG


風呂場
5,6 (17).JPG

洗濯機が置いてあり自由に使用できます。


洗面所
5,9(5).JPG

トイレは水洗です。




いいんです。
5,8(62).JPG

5,8(66).JPG

そこのオヤジさん、何か勘違いしていませんか?

蚊帳を吊って寝るなんて何年振りでしょうか。

ノスタルジックな気分に陥りました。






古民家 ゆうみはうす
施設の詳細
Yuumi Houseは慶良間諸島、座間味島にある宿泊施設です。阿佐地区にある築175年の赤瓦の琉球古民家を補修・改築し、宿泊できる施設として簡易宿所の許可を取得致しました。
健康の回復を必要とされる方に大自然の中でゆっくりできる場所を提供するという事を、主な目的としています。また趣のある古民家の良さを知って貰いたいという想いから、一般の利用者の受付もしています。

日本の昔の家屋は、今日の建築物には見られない太い柱や梁、高い天井、広々としたつくりになっており、長い歴史と日本の風情を感じさせます。また、季節や風土と共に生きてきたため、夏には涼しく、冬は暖かくなるように巧妙に設計されています。
風通しによる湿度調整も考慮されています。そのため、古くなって傷んでいる箇所の補修を施せば、冷暖房に頼らずとも快適な住まいになります。夏の夜など、雨戸を開けて網戸にすれば、自然風による夕涼みをしながら、虫の音に耳を傾けることもできます。また朝には鳥たちのさえずりが優しく起こしてくれます。

古民家の保存・再生にご協力お願いします
琉球時代から現存する古民家がなくなってしまうのは、とても残念な事です。一度壊してしまったら二度と再現することはできません。古民家が建てられた琉球王国時代の価値観、美意識、自然との関わり、諸外国との交流など彼らの生活を学び、未来の子供達に日本の住文化を残し、世界中の人々に誇りを持って伝えていきたいと思います。あなたが宿泊することで古民家の維持・運営・修繕の費用として充てさせて頂いております。また費用の一部はチャリティーとして、東日本大震災の被災児童が遊びにくる費用に使用されます。利用される方もそういう意識を持って頂ければと思います。

ご利用案内
この施設はホテルや民宿ではありません。
当施設の設備は全て共用となります。個室にはなっておりませんので、プライバシーを気にされる方はご遠慮ください。
設備・備品のシェア利用に理解して頂ける方、また、琉球の伝統文化である古民家を維持する為に協力するという理解のある方にご利用して頂きたいと思っています。
(古民家 ゆうみはうすHP参照)






「シェアごはん」朝食
5,7 (1).JPG


「シェアごはん」夕食(4人分)
5,6 (23).JPG

5,6 (21).JPG

5,6 (22).JPG

5,6 (24).JPG



5,6 (26).JPG 5,6 (25).JPG

5,6 (27).JPG

Hさんは食材に無農薬の米や野菜を中心に使っています。

黒人参とか沖縄野菜や島に自生している野草も料理してくれます。

毎食何が出てくるのか楽しみでした。

デトックス効果抜群の食事です。
















古民家ゆうみはうすの公式サイトはこちらです。
http://mothersea-project.org/zamami/






















posted by ふ~さん at 14:57| Comment(2) | 沖縄 | 更新情報をチェックする