2017年01月20日

神奈川宿散策

 1月20日

 先日、友人Kから「明日金沢新町の駅に10時半に集合、大丈夫か?」

いきなりです。

あ~~~、コストコに連れてってくれるのか。

「金沢新町って金沢文庫の近くか?」

「コストコじゃあない、神奈川新町だ」

だって。

神奈川新町だったら歩いても行けます。

「神奈川宿を歩いてみる」

だって。

暇だから付き合うことにしました。





妻は片頭痛がするというので、私一人で参加になりました。

京急線で神奈川駅~神奈川新町駅まで2駅乗車
002.JPG

早く着いたので、予習です。
006.JPG

駅の近くにありました。

こんな立派な看板があるってことは、神奈川宿目当てに来る人がいるってことですね。

神奈川宿(かながわしゅく、かながわじゅく)は、東海道五十三次の3番目の宿場である。武蔵国橘樹郡、今の神奈川県横浜市神奈川区神奈川本町付近にあった。付近には神奈川湊があった。
神奈川宿は神奈川湊の傍に併設された町であり、相模国や武蔵国多摩郡方面への物資の経由地として栄えた。なお幕末には開港場に指定されたが、実際には対岸の横浜村(現在の中区関内地区)が開港となり、開国以降次第に商業の中心は外国人居留地が作られたこの横浜村に移っていった。(Wikipedia参照)


ふ~~~ん。




15分遅刻でKとTちゃんが到着。

Kはさっそく歩き始めます。

私とTちゃんは、喋りながらのろのろとついていきます。

小さな公園でKが立ち止まりました。

004 (2).JPG

長延寺跡 - 江戸見附とされていた後、旧オランダ領事館も兼ねる寺であった。長延寺は1966年、横浜市緑区三保町に移転し、跡地が神奈川通東公園となっている。(Wikipedia参照)

「ここが神奈川宿の入口で・・・・・江戸見附で・・・・・桝形が・・・・・・ぺリーが・・・・・」

ちんぷんかんぷんで~す。

ふと振り向くと、大勝軒が見えます。

もう並んで待っている人がいます。

大勝軒が見えるということは、なりこま家が近くです。

「つけ麺の大勝軒だ」

「池袋が本店で、亡くなった山岸さんの弟子が各地で大勝軒を開いて・・・・・」

「ここが、超々リーズナブルなハンバーグが食べられるなりこま家だ」


なんて力説しても、Kは知らん顔です。

Tちゃんは興味を示してくれるのですが。

Kはどんどん歩を進めます。



笠䅣稲荷神社
010.JPG

012.JPG

014.JPG

「元寇の時代・・・・・北条????が・・・・・」

ちんぷんかんぷんです。

社殿の前にはまるで二本の木が寄り添って一本になったかの様な木があります。

「夫婦和合の大銀杏」という御神木です。

横浜市指定有形文化財の「板碑」
018.JPG

016.JPG

「上部は阿弥陀如来の種子(しゅじ)で・・・・・下の字は南無阿弥陀仏の梵字で・・・・・」

なに言ってんだか、全然解りまシェ~~~ん

Kはどんどん歩を進めます。




良泉寺
026.JPG

028.JPG

「この寺は横浜開港時に外国の領事館に充てられることなったが屋根をはがし、修理中だと言って断った」

そうそう、こういう逸話が歴史オンチには好まれるんですョ。

Kはどんどん歩を進めます。




能満寺神明社が道を隔てて並んでいます。
022.JPG

020.JPG

024.JPG

能満寺 - 漁師が海中から拾い上げた霊像を供養するために建立。(Wikipedia参照)

「神明社はもともとは能満寺と同一境内地にあったが、明治の神仏分離令によって分離した」

「この境内の中を流れていた川が上無川(かみなしがわ)で、これが神奈川の語源と言われている」

ガイドの説明が良くなってきました。

いいぞいいぞもっと解り易くやれっ!!!

Kはどんどん歩を進めます。



神奈川小学校の角の壁面にタイルがはめ込まれています。

東海道分間延絵図(とうかいどうぶんけんのべえず)
034.JPG

細かすぎて字が読めません。

Kはどんどん歩を進めます。




東光寺
038.JPG

036.JPG

「本尊はもともとは太田道灌の守護仏で・・・・・平尾内膳が・・・・・」

「その時太田道灌が詠んだ歌がこれ」

「海山をへだつのお国より、放つはここもかわらじ」

「これが東光寺の由来」


平尾内膳って誰だ?

松尾伴内なら知ってるけど。

ちんぷんかんぷんです。

「この銀杏の木は関東大震災や戦争で焼けたけど生きてる」

040.JPG

ふ~~~ん。

そろそろ昼時なんですがね~。

Kはどんどん歩を進めます。





金蔵院
048.JPG

046.JPG

042.JPG

「金蔵院は平安末期に創られた古刹」

「・・・・・の梅が・・・・・」

ちんぷんかんぷん!!!

境内を見渡したが、枝垂桜や桜しかなかったな~。

Kはどんどん歩を進めます。





熊野神社
052.JPG

054.JPG

056.JPG

「熊野神社は、平安末期に建てられた」

「熊野古道って知ってるだろ?そこの熊野権現を祀ってある」

ば、ばかにして。

熊野古道ぐらい知ってます。

水森かおりの歌だろ~に。

「この狛犬は関東大震災や横浜大空襲で傷つき、進駐軍のブルドーザーで埋められたんだ」

「進駐軍が撤退した後、埋められたのを見ていた農民により掘り起こされて、今がある」

すごく強運の狛犬じゃん。

願い事を聞いてくれそうです。

ここにもありました。

060.JPG

062.JPG

これで生きているのですから、すごいです。

元気を貰いました。

Kはどんどん歩を進めます。

この馬鹿、どこまで歩くつもりだ~っ




左手の神奈川地区センターに高札場が復元されています。
066.JPG

064.JPG

「幕府の制度や掟を・・・・・宿場の中心に・・・・・」

疲れて、腹がへって、何がなんだか、どうでもいいや





あ~~~、もう限界です。





駆け込み寺はここです。
068.JPG

Tちゃんのチョイス
109.JPG

のチョイス
111.JPG

やっと落ち着きました。

Kの奴、黙ってたら何処まで歩くつもりだか。

ったく、です。













でも、久しぶりの散歩になりました。

久し振りに体に良い事をしました。

気持ちがいいです。

一応「ありがとう」って言っておきます。













posted by ふ~さん at 12:00| Comment(3) | 横浜散歩 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
高札場だから、まだ神奈川宿の半分もいっていないのだが。
これから勝海舟の神奈川台場、生麦事件の本覚寺、坂本龍馬の奥さんが働いていた田中屋
と歴史好きならよだれが垂れそうなスポットが目白押しなのに、  あのバカは
Posted by ヒロ at 2017年01月20日 21:40
ヒロ様
後半分も付き合いますョ。
条件は一つ。
12時過ぎたら昼飯にすること。
「田中屋」とは言いませんが、美味いものを食べましょう。
Posted by ふ~さん at 2017年01月21日 20:21
いい歳して言ってることが情けないよ
Posted by at 2018年12月04日 22:47
コメントを書く
コチラをクリックしてください