2017年06月17日

サウンドブリッジ コンサート(みなとみらいホール)

 6月17日

 昨日みなとみらいホールに行ってきました。

082.JPG

076.JPG

080.JPG

義姉Yさんが出演します。

6年振りに晴れ姿を義姉Aさんと妻と観に行った次第です。

前回のコンサートは素晴らしいもので感動しました。

今回も楽しみです。





プログラムです。
078.JPG

074.JPG

すばらしいコンサートホールです。

サントリーホールを参考にしたそうです。

サントリーホールよりは舞台が観易いです。





第一部はサウンドブリッジ合唱団の合唱ステージです。

唱歌メドレーです。

ふるさと~春の小川~朧月夜~鯉のぼり~茶摘み~夏は来ぬ
~われは海の子~村祭り~紅葉~冬景色~雪やこんこん~ふるさと


混声合唱で聴かせてくれました。

私はテノールとバリトンが目立った「鯉のぼり」が一押しです。

妻は「冬景色」だそうです。

懐かしい歌ばかりで心に響きました。

なんとも心地良かったです。




第二部はモーツァルト作曲「ミサ・ブレヴィス変ロ長調」KV275です。

このミサ曲を書いた当時まだモーツァルトは20歳そこそこだったそうです。

天才は違います。

第三部はヴィヴァルディ作曲「グロリア ニ長調」RV589です。

ヴィヴァルディはヴァイオリン協奏曲「四季」しか知りません。

グロリアは全12曲で構成されており、ヴィヴァルディが宗教音楽での地位を確立した名曲だそうです。

二部、三部共にプロの歌手(ソプラノ、メゾソプラノ、テノール、バリトン)とサウンドブリッジ合唱団との共演です。

全部原語(ラテン語?)です。

年配の方がたくさんいましたが、たいしたものです。

荘厳で心に沁みました。

アンコールは出演者と観客が一緒に「ふるさと」を合唱しました。

気持ち良かった~~~。

私の後ろのオジサンの声の良いのに驚きました。






肩肘張らぬコンサートで楽しかったです。

















posted by ふ~さん at 18:17| Comment(2) | 横浜散歩 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ベニスの守護聖人を「聖マルコ」としたのはベニスの商人がエジプトからマルコの遺骸を盗んで
きたからだと。ベニスの商人はアントニオさんかな。
盗まれたマルコさんはベニスの守護なんかしたくなかったでしょうね。
Posted by at 2017年06月20日 14:07
ヒロ様
「聖マルコ」に食いつきましたか。
音楽はプレスリーだけでなくいろいろあるのですョ。
演歌、クラシック、ポップス等々、ライブは違います。
思い切って一歩踏み出してみませんか?
って言ってもダメですね。
Posted by ふ~さん at 2017年06月20日 18:17
コメントを書く
コチラをクリックしてください