2018年04月24日

宵山むらさき(横浜市中区尾上町5-70ザ・バレル源平ビル5F)






 息子の誕生日ランチです。

義姉ヨウコさんと息子とオカンとオトンの4人です。

穴子重を食べに馬車道に集合。

駅から近いはずですが・・・・・。











ここ
IMG_0756.jpg


ここのようです
IMG_0757.jpg


店は5Fです。
IMG_0758.jpg

予約の12時に到着。

宵山むらさきという京風割烹料理屋です。
IMG_0759.jpg

看板のある扉を開けると、明るく清潔な白木のカウンター8席とテーブル1席。

「宵山むらさき」とは何とも粋な店名です。

京都祇園祭り(本祭)前の小祭を宵山と呼び
これから迎える吉日の前に食を通して小祭を祝えるおもてなしの
お店と願い宵山としております
祈願成就前の宴(前夜祭)との思いもこめられています
(店のしおりより)





最初に茶わん蒸し
IMG_0761.jpg

IMG_0760.jpg

赤い受け皿がオシャレです。

カマボコと、ユリ根が入ってました。

出汁が効いていて上品な味付けです。

美味いっ!!!

もっと食べたいっ!!!







穴子重
IMG_0766.jpg

茶碗と縦長の陶器が一緒に出されます。



海苔、大葉、わさび、白胡麻の薬味がついてきます 。
IMG_0765.jpg

香の物はきざみすぐき大根の???漬けです。

これが美味かったですョ。

茶碗がついて来るのは、なんと出汁茶漬けにするための様です。

縦長の陶器には出汁が入っていました。


味噌汁は赤だし
IMG_0764.jpg






重箱の蓋を開けると・・・・・。
IMG_0767.jpg

艶やかな穴子が整然と埋め尽くされています。

ビジュアルは花丸です。

穴子はふっくら。

タレはスッキリ甘めです。

そのまま食べるもよし、山椒を振るもよし、オトンの一押しはワサビのちょい乗せかな。

穴子の旨味が際立ちます。

ご飯がもっと欲しいくらいです。

美味いっ!!!




最後は出汁茶漬けに。
IMG_0768.jpg

IMG_0769.jpg

海苔、大葉、わさび、白胡麻の薬味を加えてサラサラサラと。

美味いっ!!!









すべてが優しく上品な味付けで大満足










デザートはついていないので近くのロイホへ。
IMG_0771.jpg

カフェラテとカルピスだけです。

スイーツは穴子重の余韻が消えそうなので止めました。





























この記事へのコメント
この穴子は太い身の厚い、食べ応えありそうですねー。
そしてひつまぶし風ですか。
この穴子重で何匹使っているんでしょうねー。
それにしてもおトンさんがご飯がもっと欲しいなんて
よっぽど美味しかったんでしょうねー。
Posted by ヒロ at 2018年04月25日 14:15
ヒロ様
そうです、よっぽど美味しかったんです。
今度連れていきたいのですが、ヒロ様の奥様がニョロニョロ系がダメなので・・・。
我々だけで、また行こうっと。
ふふふ。
Posted by ふ~さん at 2018年04月26日 09:11
コメントを書く
コチラをクリックしてください