2019年06月01日

華屋与兵衛 南浦和店(埼玉県さいたま市南区円正寺125)



 先日、兄の見舞いに南浦和まで行ってきました。

転んで頭を打ってしまいました。

兄は娘夫婦と同居しています。

孫2人もいて、これ以上の環境はありません。

姉と南浦和駅で待ち合わせ、姪に迎えに来てもらいました。

姉はちょくちょく兄の様子をみに行ってくれています。

その姉と姪の話によると、兄はアルツハイマーが進行しているようです。

しっかりしている時と、そうでない時が交互にくるのだそうです。

前回姉が訪問した時は姉の名前が出てこなかったり、弟のオトンの存在があやふやだったそうです。





病院で兄に対面。

「おー、今日は何だ?」

良かった、誰だか分かったようです。

病院に断りを入れて近くでランチをすることになりました。

100mぐらい歩かなければなりません。

足がおぼつかない兄の手を姉とオトンと両側からつないで歩きました。

兄は幼子のようにギュッと握って痛いぐらいです。





華屋与兵衛 南浦和店です。
IMG_2885.jpg

12時前なので空いています。

耳が遠くなっている兄と話すときは大声になります。

昔の事はよく覚えていました。

姉と姪は「今日はスイッチがピッタリ入っている」なんて言っています。



IMG_2896.jpg

IMG_2895.jpg

IMG_2894.jpg



天ぷら・麺セット(兄)
IMG_2899.jpg


華ちらし御膳(姉)
IMG_2900.jpg


彩り寿司御膳(姪)
IMG_2897.jpg


小うな丼・麺セット(オトン)
IMG_2902.jpg

うなぎは・・・・・です。

蕎麦は美味かったです。

「食べてくれ」兄は天ぷらの半分以上をオトンに。

兄弟のなかでは一番の大食漢だったのですが・・・・・。









この歳になって初めて兄の手を引きました。

力いっぱい握ってきた兄の手の感触が残っています。

「また来てくれョ」

ベッドに座った兄の小ささに驚きました。

「また会いにくるョ」

「・・・・・」




















posted by ふ~さん at 20:23| Comment(2) | 横浜市以外の食べ歩き | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
啄木を想起してしまいました。
「たはむれに母を背負いてそのあまり軽きに泣きて三歩あゆまず」
辛いですね。
でもお兄さんは心優しき人達に囲まれて幸せですよね。
Posted by ヒロ at 2019年06月04日 20:14
ヒロ様
長生きになると辛いことにも遭遇します。
家族や兄弟や友人と楽しい時間をどれだけ共有できるのでしょうか。
先延ばしは止めて会いたい時に出かけようと思います。
「遊びに来い」って言っても全然来ない人が身近にいますが・・・・・。
ったく・・・・・です。
Posted by ふ~さん at 2019年06月07日 17:42
コメントを書く
コチラをクリックしてください