2019年06月12日

魚菜 基 (motoshi さかな もとし)埼玉県さいたま市浦和区高砂2-12-22



 先日兄が退院したので顔を見に行ってきました。

補聴器の修理と老眼鏡を買うのに付き合いました。

店員さんとの受け答えもしっかりしていました。

前回に引き続き兄のスイッチはしっかり入っていました。

家に帰って落ち着いてくれることを期待します。






姪がランチを予約してくれました。

新年会をして大好評だった魚菜 基 (motoshi さかな もとし)です。
IMG_2907.jpg

・・・・・です。

入口のヒメシャラの花が可憐です。

IMG_2909.jpg

和の雰囲気が充満しています。

カウンター席、テーブル席、個室と揃っています。

我々はテーブル席に案内されました。




季節を感じるミニ会席
IMG_2910.jpg

6月夏羽織 の会席です。
IMG_2911.jpg

うほほっ!!!




先付 琵琶奈良漬けの白和え 胡麻麩
IMG_2912.jpg



迎椀 入梅鰯のつみれ汁 薬味柚子
IMG_2913.jpg



向付 季節のお造り 妻物いろいろ
IMG_2914.jpg
烏賊・生しらす・鰹・木耳の寒天寄せ・胡瓜と紅心大根(切り抜きは燕) 山葵・生姜




冷鉢 炊き合わせ 蛸・南瓜・冬瓜 敷きパプリカ
IMG_2915.jpg

里芋も入っています。 



八寸 鮎塩焼き 新もずくと海藻の酢の物・錦玉子・湯葉・陸蓮根
IMG_2916.jpg



お食事 玉蜀黍の炊き込みご飯 ジャコと紫蘇のふりかけ
IMG_2917.jpg



留椀 赤出汁  香の物
IMG_2919.jpg



甘味 水無月 大豆青豆 抹茶
IMG_2920.jpg






いい仕事をしてますね~~~です。

なにを食べても美味いっ!!!」です。






7月の会席のメニューが気になります、ハイ。












posted by ふ~さん at 12:00| Comment(2) | 横浜市以外の食べ歩き | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コペピです。
アジサイは、原種となるガクアジサイが日本原産の植物です。
アジサイの語源は、「藍色が集まったもの」という意味を持つ「集真藍(あづさい)」であると言われています。
日本語で漢字表記に用いられる「紫陽花」は、唐の詩人白居易が別の花、ライラックに付けた名で、平安時代の学者源順がこの漢字をあてたことから誤って広まったといわれている。
シーボルトはアジサイ属の新種に自分の妻「おタキさん」の名をとって Hydrangea(ハイドランジア) otaksa と命名。
Posted by ヒロ at 2019年06月13日 21:02
ヒロ様
「コペパ」って何?
「コピペ」なら分りますが・・・・・。
調べてみましたが、やっぱり分かりません。
年寄りにも分かるように説明してください。
Posted by ふ~さん at 2019年06月14日 15:52
コメントを書く
コチラをクリックしてください