2019年12月07日

ななほし食堂( 沖縄県那覇市首里鳥堀町1-45-2 )



 沖縄四日目

首里城の近くで人気の食堂があります。

昼はここで決まりです。



ゆいレールの首里駅から数分のななほし食堂です。
IMG_3673.jpg

IMG_3675.jpg

手作りゆしどうふが有名のようです。

できたてゆしどうふをテイクアウトできます。

店内は高い吹き抜けで明るく開放的です。

一階はカウンターにテーブル席が4つ。

小上がりの二階はテーブル席が3席に座敷が2つ。

店の間口からすると、このキャパは意外な程です。



メニュー
IMG_3677.jpg

IMG_3676.jpg

どれもリーズナブルな価格設定です。

地元密着型食堂なのでしょう。





ゆしとうふのみ 大
IMG_3678.jpg

スープはカツオ出汁が効いていて美味いです。

塩加減も優しく年寄りにはありがたいです。

この量はすごいです。

・・・・・

・・・・・

でも、難なく食べられました。





野菜ちゃんぷる~
IMG_3679.jpg

IMG_3680.jpg

IMG_3681.jpg

IMG_3682.jpg

IMG_3683.jpg

分厚く大きめにカットされた島豆腐の存在感が目を惹きます。

炒めた油をまとって大豆の味が倍増です。

島豆腐は炒めても型崩れしません。

絶妙な硬さなのでしょう。

美味かったです。




いなむるち定食
IMG_3684.jpg

IMG_3685.jpg

IMG_3688.jpg

IMG_3686.jpg IMG_3689.jpg

IMG_3687.jpg


「うなぬるちって何ですか?」

「沖縄の郷土料理でお祝い料理のひとつです」だって。

甘口白味噌ベースの具沢山味噌汁といった感じです。

豚肉、シイタケ、黄色いかまぼこのようなもの、コンニャクがたっぷり入っていました。

口当たりがとっても優しいし、まろやかな味わいで美味かったです。

揚げ出し豆腐は外の衣はパリッとした感じがいい感じに残っています。

中は柔らかく食感が面白いです。

揚げナスも超柔らかく、甘いタレを吸って超美味いです。

もずく酢もやや甘めでシークワーサー果汁でも入っているのでしょうか。

美味かった~~~

ぜんざいは白玉と金時豆が入っています。

甘さ控えめで美味かった~~~!!!

どんぶり一杯食べてみたいッ!!!





大満足昼定食になりました。







p.s.
お客さんの注文が多かったのがゆしどうふ定食でした。

不思議なことにチキンカツポーク玉子がついてきます。

どちらか選ぶとついてくるそうです。

お得感ある~~~!!!










posted by ふ~さん at 09:00| Comment(2) | 沖縄 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ななほし食堂、ななほしは北斗七星のななほしか
それともななほしてんとうのことか。
三日月があるから北斗七星なのかな、でもイラストは何を指すんだろう。
営業時間の終了が午後5時なんですね、夕飯時はねらわないんですね。
鹿児島県の食事は必ずと言っていいほど、甘い煮豆がつきます。
焼酎をがぶ飲みするのにね。
沖縄はぜんざいですか。
Posted by ヒロ at 2019年12月07日 21:32
ヒロ様
ななほし食堂の営業時間は10時~17時です。
木曜、日曜は定休日。
働き方改革をしたのでしょうか。
沖縄では、やる気があるの?って感じのする店を時々見ます。
半分シャッターをおろしていたり、営業時間前に終わったり・・・・・。
なんかユル~イ空気が流れています。
でも・・・・・私は好きです。
Posted by ふ~さん at 2019年12月08日 20:44
コメントを書く
コチラをクリックしてください