2019年12月10日

まぐろや本舗( 沖縄県那覇市港町1-1-18泊いゆまち1F)



 沖縄五日目

 昨年、食べに行って食べられなかった店があります。

リベンジしましょう。

とまりんの近くの那覇漁港にある海鮮卸市場泊いゆまちまで歩いて行ってきました。
IMG_3750.jpg

『泊いゆまち』は沖縄の海産物を広めていくことを目的とし、2005年5月にこの地(那覇市港町泊漁港敷地内)に新設いたしました。
この中には、沖縄県漁連市場のマグロ専門店やモズク専門店など、水産物仲卸業者23店舗が軒を連ねるほか、見学可能なガラス張りの魚解体処理室も併設しております。
ここでの水揚げ量は、一日平均で20トンくらいです。多い時は50トンに及ぶこともあります。水揚げされたもののうち約70%はマグロです。
各店舗が、その日水揚げされた新鮮な魚介類を販売しています。
(泊いゆまちHP参照)


いゆとは沖縄の方言でのことで、まち市場の意味だそうです。

卸業者店舗には沖縄らしいカラフルな魚がならんでいました。

IMG_3751.jpg

1いゆまち.png

ゆいまち2.jpg

IMG_3752.jpg


オトンは知らなかったのですが、沖縄県は生マグロ類の水揚げが全国で3の漁獲量だそうです。






リベンジする店は市場の中にあります。

まぐろ卸のカネヤマ水産の直営店です。

まぐろや本舗です。
IMG_3754.jpg

IMG_3758.jpg

IMG_3755.jpg

IMG_3757.jpg

IMG_3756.jpg
 
ターゲットは、この朝丼です。




まぐろ本舗さんは太っ腹です。

だって、一人一品を注文すると、他の店で買ったものが持込めるんです。

この特典を利用しない手はありません。

これだけ持込ませていただきました。
IMG_3759.jpg


3パックで¥1000です。

キハダマグロ中落ち
IMG_3764.jpg


タコ
IMG_3762.jpg


アジ
IMG_3763.jpg



息子が調達してきました。

イラブチャー
IMG_3761.jpg

IMG_3769.jpg

こんな色の魚を食べるのは初めてです。


ソデイカ
IMG_3760.jpg






茶漬け丼(オカン)
IMG_3765.jpg

当店の賄飯から生まれた一品!!
海鮮醤油で1日まぐろを漬けにし、ほのかに香るほうじ茶の出汁。
塩こうじわさびが相性抜群!二日酔いにもOK!!


ほうじ茶の芳ばしさが最初にきます。

表面が白くなったまぐろは旨味が増しています。

美味いです。


海鮮卵かけご飯(息子、オトン)
IMG_3766.jpg

あっさり朝の定番メニューを海鮮にアレンジ。
沖縄県産の生鮮まぐろ(沖縄美ら海まぐろ)と県産ソデイカを使用。
海鮮と卵に合うように試行錯誤し生み出した、特製の海鮮醤油はホタテをはじめ数種類のエキスをブレンド。
口いっぱいに広がる魚介類の風味と生鮮まぐろ&卵のコラボをお楽しみ下さい。


ご飯は酢飯か白米か好きな方を選ぶことができます。

汁物もイカスミ汁、アラ汁、アーサ汁から選べます。



オトンのチョイスはこれです。
IMG_3767.jpg

アーサ汁です。

ご飯は酢飯です。



ソデイカとタコを多めにトッピング
IMG_3768.jpg

美味そうでしょ?

最初はそのまま。

その後は卵を崩して食べます。

グレードアップします。

まぐろの濃厚な旨味が広がります。

生のまぐろはモチッとした食感。

ソデイカはネトッとした食感。

イラブチャーは淡白な魚?の味です。

最後は全部をマゼマゼして食べました。

う~~~ん、美味いで~す。





まぐろ本舗朝丼、沖縄に行った時の定番になりそうです。





八重咲きハイビスカス
IMG_3770.jpg

帰りにみつけました。








 
posted by ふ~さん at 08:00
"まぐろや本舗( 沖縄県那覇市港町1-1-18泊いゆまち1F)"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: